ストレスを溜めない為に、悩み事は吐き出そう

治療法の確立

うつ病には特定の治療が存在する

うつ病は、基本的には休養によって治療するのが良いとされています。なぜなら、うつ病の最大の敵がストレスがかかることだからです。うつ病は、治療に時間がかかるので、仕事を休職することも大事なのです。もちろん、患者にとっては仕事を休むのも勇気がいることですが、それは今後の仕事の効率を考えれば、休むことも大事だといえるのです。ときには、家族などから休んで欲しいことを伝えることが重要です。家族から言われれば、心の負担も軽くなるはずだからです。ときには、うつ病といえども入院して治療に専念することも重要です。うつ病のほかの治療方法に、薬による治療方法が存在します。うつ病も病気の一つなので、体の異常を修正するために薬という手段でそれを改善してやろうということです。

精神療法によって治す場合もある

また、精神療法といって、メンタルな面からうつ病を治療する方法もあります。その一つに支持的精神療法というものがあります。これは、医師が患者の悩みを聞いてあげることで、患者の不安や悩みを解消してあげる治療方法です。これは、医師が助言や励ましをすることによって、患者の罪悪感や自責の念を抑える効果があります。現代では、一般的に行われている治療法の一つです。次に、認知療法という治療方法があります。これは、うつ病の人が悲観的な思考にならないようにするものです。たとえば、うつ病の人は、何でも悪い方向に考え勝ちですので、それを防ぐために自ら思考記録表をつけて、思考を客観的に評価するという方法です。これは、本人の努力も治療に必要だといえます。対人関係療法とよばれるものもあり、これはたとえば自分が嫌いな上司と話すときに、有効なコミュニケーションの方法を考えるというもので、トラブルを回避するための手段を自ら学ぶというものです。これも、本人の努力が必要になりますが、うつ病対策には有効だといえます。

うつ病治療に効果的な生活習慣について

うつ病治療に効果的な生活習慣について紹介いたします。 うつ病治療には様々なアプローチの方法がありますが、今回は生活習慣という観点から考えることにいたします。 生活習慣は健康的な社会生活を営む上でとても重要なのは言うまでもありませんが、それはうつ病治療についても同様なのです。 不規則な生活をすることで、体のリズムが崩れれば、自律神経のバランスを崩します。そうすると不安定なパーソナリティが表に出てくるのです。そして日光を浴びない生活をすることで、セロトニンという脳内物質の分泌量が減ります。 セロトニンが減ると、ノルアドレナリンとドーパミンの暴走を招きます。ノルアドレナリンが暴走するとストレス耐性がなくなり、ドーパミンが暴走すると、何も良いと思えない状態が続きます。

決め手はセロトニンの分泌量

うつ病の決め手はセロトニンの分泌量です。 セロトニンの分泌を日々意識して生活する必要があります。具体的には朝日を身体いっぱいに浴びることです。実際に梅雨の時期など、日光があまり出てこない季節には、気分が落ち込む人は多いと思いますが、それはれっきとしたうつ状態であり、それが進んだものがうつ病なのです。 それでは梅雨の時期はどのようにうつ状態を回避すればよいのでしょうか。 それは適度な運動と、規則正しい生活習慣と言われています。 適度な運動とはウォーキングや軽度のスポーツ、軽い筋力トレーニングを意味しています。 一番良いのは、普段から規則正しい生活をしながら、適度な運動と、朝日を浴びる生活をすることです。それが一番のうつ病治療となるでしょう。

おすすめコンテンツ

うつ病治療の注意

うつ病の治療は繊細な治療とも言えます。適正な治療によって治療することが出来るため正しい順序を取る必要があるでしょう。特に薬物治療では一度やめてしまうと効果が出にくくなることもあります。

READ MORE

食事療法の存在

食事療法によるうつ病の治療方法が存在します。うつ病治療には人それぞれ効果的なアプローチが異なります。時には食事療法によるアプローチをする時もあり、これで症状が緩和されることもあります。

READ MORE

PAGES

PICK UP

治療方法の種類

うつ病の治療方法にはいくつか種類があります。軽度であればカウンセリングなどで症状を抑えることが出来ますが、重度で自己判断ができないレベルでは薬物治療による症状の緩和がとられます。

READ MORE

うつ病と治療期間

うつ病は簡単に直せるような病気ではありません。まずは病気についての知識と正しい治療法が重要になります。長期的な治療が必要になるため、一長一短で治すことが出来ないことを知るべきでしょう。

READ MORE

うつ病の治療と受診

うつ病の治療には専門機関によるうつ病の診断が重要になります。基本的に心療内科などでこの受診をすることができるため、思い当たる節があるのであれば早めの受診が大切になってきます。

READ MORE